画像管理ってどうしてます?|ホームページ制作

ビジネスをWEBでカタチにする提案力があります

グラシヤは東京で豊富な実績とノウハウで数々の大企業や中小企業がステップアップするためのサポートしてきました 。 売上やブランディングに直結するホームページ制作でのデザインやビジネスの仕組み、見せ方での差別化提案など 企業が成功するための、企画力、実装力、実行力、提案力、デザイン力がグラシヤの強みです。

記事一欄

お問い合わせ先
営業時間:9:30-6:00
03-5771-7978


画像管理ってどうしてます?|ホームページ制作

こんにちわ

ピカピカぴかりん、じゃんけんポン♪グラシヤ♥Oです :lol:

 

今回は写真データなど画像の管理に関してです。

 

カメラマンさんに撮影してもらって、データチェック…

ど~んとデータでいただいたりします。全部管理するの大変(汗)

 

たぶん「Adobe Light Room」とか「Adobe Bridge」とかで管理する方法はあるのでしょうが、

なんとなくものぐさく感じる怠け者の0なので、普段使いのインデザインCS6で管理することにしました。

 

 

以前はAdobe Creative SuiteについているAdobe Brigeでインデザインに画像一覧(コンタクトシート)が作れたんですが、バージョンを上げたらなくなっていて「ぐぬぬ… :twisted: 」。

 

仕方なくphotoshopにある自動処理でコンタクトシートを作っていたんですが、時間はかかるし、画像が小さくなっている

一覧でしかないので、インデザインみたいに、データをダブルクリックしてその画像本体を呼び出すとか出来なくて

「え〜やだ〜」と思っていた矢先です。

インデザインCS6でコンタクトシートを作成する方法がわかったのです!

 

 

PDF入稿のメリット

■ファイルサイズが軽くなりメールでの入稿もEasy!

■フォントが埋め込まれるので、文字のアウトラインもなし、フォントのやり取りの手間なし。

   ※フォントのバージョンや文字化けなどの問題が起こりません!←大事

■画像等を添付しなくてもよいので、データ入稿がEasy!

■カラー情報が既にCMYKなので色の最終イメージがあまり変わりません!。

■印刷に使うデータ(PDF)での校正が可能!

■精神的負担が減ったので健康にもいい!

 

 

そこに歴史あり〜私の印刷物入稿の歴史のまとめ〜

 それまでの苦労も忘れたくないという理由で、私の入稿の歴史をざっと振り返ってみます(涙)。

正直細かい事はよくわかっていないので、ネットサーフィンして調べました。

(でたらめも混じっているかもしれませんが、そこはお目こぼしを…)

それでは、BGMでも聞きながらおつきあい下さい :oops:

 

 

デジタル化夜明け前 オモテ罫とかうまく引けなかったわたし…

【入稿に必要なもの】版下・写真やイラスト原本・指示書(色、フォント指定、画像やイラストレータデータの場所指定)

【印刷所でやること】版下製版刷版→印刷→製本・加工

 

アシスタント時代にちょっとかじった程度ですが、不器用な私には、今より大変でした〜。

 

デジタル(DTP)黎明期  ペタペタ手作業の版下がなくなり、デジタルデータへ…

【入稿に必要なもの】組版ソフトの生データ(イラストレータ、QuarkXpressなど…)

【印刷所でやること】生データ→PostScriptファイル作成→製版刷版→印刷→製本・加工

 

デジタル化の普及によって印刷物を作成するときのデータ入稿は組版ソフトの生データでの入稿がほとんどになります。この頃は、入稿してもフォントが化けた〜 :-( とか画像が消えた〜 :-( とか、入稿データ作成に神経すり減らしてました。

 

いま  CTPだと製版フィルムもないんだって

【入稿に必要なもの】PDFファイル

【印刷所でやること】PDFファイル→刷版→印刷→製本・加工

 

PDFデータを利用すれば、制作側の環境と出力側の環境が必ずしも一致していなくても問題ないんです。入稿も1個のファイルの受け渡しで済みます。写真やフォントの問題から解き放たれました。

 

というわけで、インデザインでページものを作成する場合、一気にPDFデータを作らないと納期が間に合わない訳です。PostScriptデータと違い、自分のPCで最終データも確認出来るし、PDFがないともう生きていけません。昔と違って、いろいろ兼務することが多いので、入稿作業の効率を上げないと、間に合わないんです!

「納期がぁ〜納期がぁ〜」とあせるグラシヤOであった…。

おわり