ホームページ制作と検索エンジ

aaビジネスをWEBでカタチにする提案力があります

グラシヤは東京で豊富な実績とノウハウで数々の大企業や中小企業がステップアップするためのサポートしてきました 。 売上やブランディングに直結するホームページ制作でのデザインやビジネスの仕組み、見せ方での差別化提案など 企業が成功するための、企画力、実装力、実行力、提案力、デザイン力がグラシヤの強みです。

記事一欄

               
お問い合わせ先
営業時間:9:30-6:00
03-5771-7978


ホームページ制作と検索エンジ

SEOアルゴリズムの変更と対策

検索エンジンは常に変動しています。

時代とともに、ユーザーのニーズも変わりますので、それに合わせていかないと、検索エンジンとしても価値が下がってしまうからです。
ホームページの運営は、検索エンジンのアルゴリズム寄り添うように生きていかなければなりません。
独りよがりのホームページを作成していても、誰からも見向きされない恐れがあるからです。
SEOとは、検索結果の上位に、狙ったキーワードで、自分のホームページを上位表示させることですが、検索エンジンのアルゴリズムに対応した対策をとり続けなければいけません。
つまりSEOと呼ばれる上位にホームページを表示させる取り組み自体、Googleなどの検索エンジンのアップデートにより、アルゴリズムが変わり続ける限り、常に対策し、対応し続けていかなければならない戦いであり、刻一刻と生まれ変わるアルゴリズムと、ユーザーのニーズの両方を満足させるように、ホームページを作成し続ける挑戦でもあります。
これまで作成し、上位表示されていた、量産型のホームページが、これから対策された新しいアルゴリズムに対応したホームページ相手に、何もしないで、永遠に上位表示されるほど甘い世界ではないという事です。

 

初心者にブログをすすめる理由

初心者の方に、「ホームページを作りたいのだけれど。」と聞かれたら、私はブログから始めるようにすすめています。
何故、ホームページを希望している人に、ブログをすすめるのかというと、それにはちゃんとした理由が存在します。
ブログがなぜこんなに人気なのか考えたことはありますか。
ブログは難しい知識が必要だった時代に、直感的に扱えるWEBサイト作成ツールとして人気がでました。
これまで、一部の人しか作成できなかったホームページを身近なものに変えていきました。
パソコンに詳しい方、ホームページに詳しい方。
その両者の場合、ホームページに紹介される内容は、どれも似たり寄ったりな部分がありました。
当たり前ですが、ユーザーの数と、コンテンツの数は比例します。
色々な人が、色々な意見をもっているように、住んでいる場所や環境によって、同じ事柄でも受け取り方が違っています。
たとえば、リンゴは赤だと、一般的には言われていますが、リンゴの色を表現したことがない人は、どのように表現するかは、わかりません。
それと同じで、パソコンに詳しくない人が、パソコン関連の文章を書くことで、新たな切り口が広がってきます。
ブログはあらゆる人が繋がることができるようになったきっかけのアイテムでした。

 

キーワードと説明文の関係性

ホームページは、色々なコンテンツで形成されています。
例えば、写真や、デザインの他に、ホームページのタイトルや、文章など、さまざまな情報から作られています。
その中でも、前回の検索エンジンのアップデートにより、重要視され始めているのは、タイトル、キーワード、文章です。
特に文章は、以前のように200文字程度の文章を載せていても、Googleなど検索エンジンの評価は上がりません。
現在、ホームエージで上位に表示させようと思いましたら、2万字程度の文章量が必要と言われていますが、この数値はライバルサイトの内容によっては増減します。
次に考える事が必要なものは、キーワードになります。
キーワードは検索エンジンに評価がされやすいですが、文章に自然に加えていくことが重要です。
キーワードの含有率については諸説ございますが、個人的には100文字に対して1.5回から2回程度を、より自然に含ませながらホームページの作成を行う必要がございます。
もちろん、選定したキーワードはサイトタイトルにも使用する必要があります。
タイトルは、検索エンジンからも評価されやすい部分になります。
中身は変えていないのに、タイトルにキーワードを含めると、いきなりアクセス数が5倍以上になる前例もあります。

ホームページを作成するために

 

ホームページを作成するために、まず何を考えなければいけないかというと、どんな目的でホームページを作成するかを考える事です。
ホームページを作成する設計図ということですね。
どんなホームページを作成するかは、そのホームページの使用目的により異なりますが、どのようなユーザーに利用してほしいのかを考える所から始まります。
例えば、健康食品を販売するホームページでしたら、ご年配の方でも安心して買えるようなホームページにする必要がありますし、外国人の方の中で、日本に住んでいるけど、日本語がうまく話せない人のためのに、英語に対応したホームページなど、狙っている客層に向けた設計図を作成する事が重要になります。
男性向け、女性向けなど、しっかり決めておくことで、その後のホームページの作成が、より明確に、よりスピーディーに行うことができます。
また、方向性をしっかり決めておきさえすれば、ミスもすくなく、計算されたホームページを作成する事ができます。
特に、複数の案件を紹介するようなホームページの場合には、どのページにどの商品を紹介するかによって、印象がガラリと変わってしまうので、しっかり考えておきましょう。
建築と一緒で、良い設計図が無ければ、立派な家は建ちません。