ホームページ制作とSEO対策

aaビジネスをWEBでカタチにする提案力があります

グラシヤは東京で豊富な実績とノウハウで数々の大企業や中小企業がステップアップするためのサポートしてきました 。 売上やブランディングに直結するホームページ制作でのデザインやビジネスの仕組み、見せ方での差別化提案など 企業が成功するための、企画力、実装力、実行力、提案力、デザイン力がグラシヤの強みです。

記事一欄

               
お問い合わせ先
営業時間:9:30-6:00
03-5771-7978


ホームページ制作とSEO対策

ホームページを上位表示させる方法をご紹介します。

そもそもホームページは、どのような基準で並び順が決まっているかご存知ですか。
ホームページは、検索した検索エンジンの独自の判断で、表示する順位が決められています。
以前は、検索エンジンごとに、色々なプログラムがありましたが、近年、YahooがGoogleの検索エンジンを使用するようになり、今ではそのほとんどが、Googleの検索エンジンを利用したものになっています。
検索エンジンとは、検索された言葉に関連するホームページを、重要度順に並び替え、表示するプログラムの事で、この働きによって、私たちは、自分が検索した言葉に有益な情報を得る事ができます。
芸能人のブログを検索した時に、一般の方のブログの方が下に表示されているのは、検索エンジンのおかげです。
検索結果を上位に表示する試みの事を、SEOと言いますが、このSEOは一筋縄ではいきません。
海外では、SEOを代理で行う会社が自社ビルを建てるほど儲かる仕事みたいですが、逆に言えば、それだけ難しい仕事だと言えると思います。
現時点では、コンテンツ量を重視している所があるので、なるべく沢山の情報が蓄積されているホームページを作成する事が、上位表示の一歩と言われています。

 

ホームページを作るときには、必ずキーワードという概念を持ち続ける事が必要になります。


ここでいうキーワードとは、検索エンジンで検索する言葉の事です。
どのようなキーワードで上位表示を狙っていくかを考える事で、ホームページの方向性が決まってきます。
たとえば、飲むだけで痩せるダイエットサプリを紹介するホームページを作成したいと思った時に、ダイエットというキーワードのみを狙った場合、運動器具や、DVDを見ながらエクササイズをするダイエットグッズ、水着やプロテインなどで上位表示されても、飲むだけで痩せる商品が欲しい人にとって、運動など大変なことはしたくないのが本音ですから、運動系のダイエット商品が表示されても、あまり興味がないと思います。
どのようなキーワードで上位表示させるかを決める事を、「キーワード選定」と言いますが、「どのようなキーワードで上位表示を狙っていくかを決める事」と「文章などのコンテンツを作成する時に、どのようなテーマで作成するかを決める事」の2種類があります。
両方ともに、最初にどのようなホームページを作成するべきか、しっかり把握しておくことが重要になってきます。
初心者には難しい内容ですが、他のライバルサイトを研究するなどして、徐々に知識を深めていきましょう。

 

検索エンジンには、好き、嫌いがあります。

時間をかけて観察していくと、検索エンジンの好みが見えてきます。
検索エンジンは、つねにアップデートを繰り返し、検索してくれる人に有意義な情報の紹介されているページを上位表示させるように取り組んでいます。
ということは、ユーザーに有意義な情報とはどんな情報かを考える事で、自然と上位に表示されるページを作成する事ができてしまいます。
5年くらい前までは、とにかく文字数が少なくても、タイトルに検索されそうなキーワードを入力すれば上位表示する事ができました。
たとえば、楽天ポイントについて説明するサイトで上位表示をしたかったら、「楽天ポイント 交換」、「楽天ポイント 使い方」、「楽天ポイント 換金」、「楽天ポイント確認」、「楽天ポイント貯める」、「楽天ポイント祭り」、「楽天ポイント 貯め方」、「楽天ポイント裏技」、「楽天ポイント加盟店」、「楽天 ポイント 攻略」など、楽天ポイントに関連するキーワードのページを大量に作れば、自然と上位表示されていました。
もちろん、中のページに記載されている内容は、それほど重要なものでもありませんでした。
これは、携帯電話が表示できる情報量が少なかったため、少ない情報でも有意義と判断されたためでした。
最近では、スマートフォンの台頭により、表示できる情報量も増えてきました。
情報量が増えてくると同時に、検索エンジンも、必要とする情報量を増えてきました。
これは、単純に考えても、しっかりしたページを作成しないと、上位表示されないことを意味していました。
量産型から、しっかりとしたコンテンツを作成するタイプに移行し始めたのは、ここ数年の出来事です。

 

Googleの評価を上げるホームページを作成できれば、今後もユーザーを自分の作成したホームページに読み込むことができます。


せっかく作成するのですから、ホームページを沢山の人に見てもらいたいと思います。
これまでは、ユニークなキーワードで作成されたホームページが、コンテンツに関係なく上位表示されやすい傾向にありました。
ここでいう「ユニーク」とは、面白いという意味ではなくて、他のサイトと被らない独特のという意味です。
ユニークなサイトタイトルは、Googleの検索エンジンに魅力的に見えたのでしょう。
少し内容が薄いホームページでも、上位表示されるのは難しくありませんでした。
しかし、ここ最近のパンダアップデートや、ペンギンアップデートにより、コンテンツ量の少ないペラサイトと呼ばれるホームページは、検索圏外に弾き飛ばされ、上位には、しっかりとした誠実なホームページが並ぶようになりました。
単純に、これまでが、ユーザー目線ではなく、あくまでプログラムの都合によって順位付されていた為、少ない記事数で、なおかつ文字数もすくないページであっても、上位表示され過ぎて居たのかも知れません。
今も、これからも、上位に表示されるようなページを作成するためには、しっかりユーザー目線で作成した、堅実なホームページの作成する事だと思います。