サイトデザイン-初心者のための

aaビジネスをWEBでカタチにする提案力があります

グラシヤは東京で豊富な実績とノウハウで数々の大企業や中小企業がステップアップするためのサポートしてきました 。 売上やブランディングに直結するホームページ制作でのデザインやビジネスの仕組み、見せ方での差別化提案など 企業が成功するための、企画力、実装力、実行力、提案力、デザイン力がグラシヤの強みです。

記事一欄

               
お問い合わせ先
営業時間:9:30-6:00
03-5771-7978


サイトデザイン-初心者のための

WEBデザインを制作する前に

web制作を頼む上で、考慮しなければならない点がいくつかあります。どれだけ技術の高いサイトを作ってもらったとしても、顧客に対する訴求効果がなければ意味がないからです。 まずは、どういった利用者を想定しているか、という点です。利用者の年齢が高めならば、分かりやすく情報が伝えられているかどうかは重要なポイントです。あるいは、年齢層が若いのであれば、目に訴えるサイト制作が効果的と言えます。また、何度も訪問してもらえるようなサイトを目指しているのか、それともデザイン性に凝った造りにするのか、などの点についても考慮する必要があります。 デザインについても、真面目な印象を与えたいのであればシンプルなデザイン、最先端を強調したいのであれば目につくデザイン、など企業のイメージに合わせたサイト制作が必要です。デザイン性を強調したい場合は、FLASHを使用するかどうかなども関係してきます。 FLASHを使用するなら、サイトの通信速度が若干遅くなる可能性もありますし、携帯端末では表示されない恐れもあります。そうした点も踏まえて、どういったサイト作りをしてもらいたいか、イメージを描きます。 対象のニーズに合わせたwebサイトをイメージし、それを的確に制作会社に伝えることが重要です。

 

 

スマホ制作

私達はホームページ制作にあたり、スマートフォンに意識しなければならないのです。実際にスマートフォンの登場によってパソコンでインターネットをする人口も減少したと言われているのです。スマートフォンなら、電車、バスの待ち時間にも出来ます。時間を有効的に利用出来るのは、スマートフォンの方です。ホームページ制作にあたり、レスポンシブ・ウェブデザインと言う言葉に突き当たりました。一体レスポンシブ・ウェブデザインとはなんなのでしょうか。訪問者の画面サイズに応じてくれる手段がレスポンシブ・ウェブデザインです。レスポンシブ・ウェブデザインを意識する人たちが非常に多くなりました。スマートフォンを意識するのも正しい方法ではありません。スマートフォンを意識することは、パソコンのホームページを無視した発想です。パソコン閲覧者を無視しては、決して商売など成り立つはずありません。 PC用やスマートフォンなど、端末に応じた専用サイトを用意することなく、単一サイトですべての端末に対応する方法が、このレスポンシブ・ウェブデザインResponsive Web Designです。 Responsive Web Designなら、パソコン、スマートフォンを分けて考える必要がありません。

 

 

CMSデザイン

個人で、ホームページを作成することはできない人が活用している作成方法があります。それは、CMSというシステムを活用した方法です。このCMSというのは、コンテンツマネジメントシステムの略で、HTMLなどの技術的な知識がなくても、テキストや、画像等の「コンテンツ」を用意できれば、ホームページが作成できるよう工夫されたシステムのことです。また、全体のデザインも、テンプレートの選択だけで容易に変更することができます。 しかし、これを使うためには、一般的にサーバーにシステムをインストールする必要がありますが、最近は、CMSとサーバーがあらかじめセットになっているサービスがあり、そのサービスを利用するなら手間がいりません。パソコンを使ってメールを送信することができる程度のスキルで、簡単に立派なホームページが作成できます。企業に頼む場合よりもコストを安く抑えることができますし、自分の会社らしさを出しやすいとも言えます。ある程度の価格はかかるものの、この個人で作るのと企業に頼むのとのちょうど中間的な方法なのが喜ばれているようです。ですから、このサービスを提供している多くの会社は、個人や個人事業主、中小企業主を対象にしていますので、大企業が求めるほどのものを提供するのは苦手と言えます。ある程度の質のあるホームページを手頃に始めたいなら利用してみる価値はあるかもしれません。

 

 

WEBプログラム

ホームページを作成する時には、色々なプログラムを用いて作成されているという事は知っていると思います。そんな中でも比較的難しいプログラムとして知られているのが、CGIやPHPと呼ばれているプログラムです。 CGIやPHPという名前のプログラムを聞いた事がある人や、実際にプログラムがわかるという人もいると思いますが、このCGIやPHPというプログラムは、主にショッピングカートや掲示板のような自動で色々な処理を行うために利用されているプログラムです。現在ではCGIよりもPHPの方が、プログラムが簡単で複雑な処理が可能な事から多く用いられるようになってきていますが、まだCGIも色々な場面で利用されています。一般的なホームページを作成する時には特にCGIやPHPなどのプログラムを使用する事はありませんが、オンラインショップを作成するような時には必ず必要になってくるプログラムなので、もし自分でオンラインショップのホームページを作りたいという人は、勉強して覚えておくと良いでしょう。ただし、CGIやPHPを自分で作成する場合には、専用の無償ソフトをダウンロードする必要があるので忘れないようにしておきましょう。また、専用ソフトはWEB内でも参考書についているCDからもダウンロードが可能です。

 

 

サイト制作料金

実際に、高いホームページ制作料金があります。なぜ、こんなに料金が高いのか。しかし、実際にそのホームページ制作によって、商売が前向きに向かうなら、支払い出来ない料金でもありません。そういうことを考えるとなかなかホームページ制作業者を決定することも難しい問題です。実際に、ホームページ制作に数百万円かけたという人たちもいらっしゃるようです。そして、毎月5万円の60回払いと言う方法なら支払い易く、契約してしまう人たちもいるかもしれないですよね。しかし、実際には高額料金支払いしても集客に繋がっていないケースも非常に多いようです。ここはちょっと真剣にホームページ制作について注意しなければならない問題です。実際に300万円とは、普通の商売人はかける必要ないと言いたいのです。実際に、集客出来るホームページ制作とは何か、あなた自身が多少しなければやっぱり制作業者のいいなりになってしまうものです。ホームページ制作と言うから全然判らないと言うかもしれませんが、ホームページ制作と言えどもチラシのに概念とひょっとしたら変わらないものかもしれません。新しい世界に進んでも、向かっている場所は昔と同じという発想が大事です。