ネットショップでもリアルショップの集客ノウハウを真似てみる!行列のできるお店のためのホームページ制作

ビジネスをWEBでカタチにする提案力があります

グラシヤは東京で豊富な実績とノウハウで数々の大企業や中小企業がステップアップするためのサポートしてきました 。 売上やブランディングに直結するホームページ制作でのデザインやビジネスの仕組み、見せ方での差別化提案など 企業が成功するための、企画力、実装力、実行力、提案力、デザイン力がグラシヤの強みです。

記事一欄

お問い合わせ先
営業時間:9:30-6:00
03-5771-7978


ネットショップでもリアルショップの集客ノウハウを真似てみる!行列のできるお店のためのホームページ制作

青山・表参道でホームページ制作やSEO対策などウエブから印刷物まで各種広告制作を行っている株式会社グラシヤです。

 

これまで、ホームページ上でのお店作りのノウハウなどについて紹介してきました。しかしウエブショップであれ、実際の店舗を持ち来客を待つリアルショップであれ、その本質は一緒です。

そこで今回は、リアルショップに学ぶウエブショップの工夫について紹介したいと思います。

 

まずどちらもショップであり、商売ですから、丁寧な応対、愛想の良い応対は当たり前。お客様は神様ですといったスタンスも一緒。でも実際のお店に自分で出かけることを想定してみると、ちょっとした違いを感じませんか。

harazyuku

私たちが買物に出かける店は、大型スーパーマーケット、大型ショッピングセンターでなければ、だいたいの場合、商店街にあります。つまり、その店一軒しかない場所には、あまり行きません。ここ一ヶ所にくれば、ついでに、いろいろな買物ができてしまうメリットがあるわけです。店側からすれば、買おうと思っていなかったものを買っていただけるチャンスも生まれてくるわけです。

そこでネットショップにも商店街化を行えば、集客を高めるひとつの方法になると考えます。いくつもの店が集まれば、それぞれにアクセス数も伸びることでしょう。しかも作業的にも、今あるホームページはそのままに、入口をひとつ設ければいいのです。、商店街の名前をつけ、各店の最新情報を記載し、各店へのリンクをはるだけ。登録する全ショップの、というか商店街のポータルサイトを設ければいいのです。そこで、いろいろなショップがあれば、訪問者は利便性を感じてもらえるはずです。

しかし今までオンラインショッピングモールはいくつおあたものの、「楽天」、」Yahoo!ショッピング」など大手一部しかありません。なぜか。それは大手企業が、大きな利益を目指してオンラインショッピングモールを開設していたからです。リアルショップを見てください。大型ショッピングセンター以外の普通の商店街は、それほど商店街運営に予算をかけません。商店街の機能に必要以上に期待はしないからです。その身の丈にあった商店街でいいのだはないでしょうか。知り合いのお店友達のお店に声をかけて、小さなオンラインショッピングモールを作ってみてはいかがでしょうか。そんな大きな期待はもてませんが、じわりじわりと効果が出てくるはずです。

ennniti

商店街ができたら、たまに全店共通イベント開催しても面白いと思います。いわゆる商店街の縁日です。毎月5の付く日とか、7の付く日とか決めて、その日は全店が自由に何がしかのイベント開催してみると、これもじわじわと固定客ができていくはずです。いかがでしょうか?

 

なおホームページ制作で何か疑問がありましたら、青山・表参道でホームページ制作、SEO対策を提供している株式会社グラシヤまでお問合せください。