お客様目線を重視したデザイン。行列のできるお店のためのホームページ制作。

ビジネスをWEBでカタチにする提案力があります

グラシヤは東京で豊富な実績とノウハウで数々の大企業や中小企業がステップアップするためのサポートしてきました 。 売上やブランディングに直結するホームページ制作でのデザインやビジネスの仕組み、見せ方での差別化提案など 企業が成功するための、企画力、実装力、実行力、提案力、デザイン力がグラシヤの強みです。

記事一欄

お問い合わせ先
営業時間:9:30-6:00
03-5771-7978


お客様目線を重視したデザイン。行列のできるお店のためのホームページ制作。

青山・表参道でホームページ制作やSEO対策などウエブから印刷物まで各種広告制作を行っている株式会社グラシヤです。

前回、ホームページの制作において、お客様に疑われるホームページのリスクについて紹介しました。要は、お客様に好かれるホームページであることが大切になります。

b02
そういう意味では、まず第一印象が大切です。デザインが魅力的でしょうか。見やすいでしょうか。見た後に「また来てみようかな」「もう少し見てみようか」と思わせることができているでしょうか。正直なところ、誰が見ても好印象になるデザインはなかなか難しいですし、個性も出しにくくなります。そこで扱う商品、サービスのメインターゲット層を確定して、その世代に絞り込んだデザインを採用することで、個性的で、好かれやすいホームページにすることができるはずです。
ここで注意が必要です。
ホームページ製作ソフトで、自分でデザインもできますが、やはりプロにはかないません。ここで予算をかけても長い目で見れば、プロにデザインを任せた方が良いでしょう。同時にプロに任せればいいかといえば、それでは失敗するでしょう。なぜならホームページ制作会社は、あくまであなたの会社の社員ではないので、会社の本質まではわかりません。会社の業務案内を渡して、「これで作って!」だけでは、ぱっと見はきれいかもしれませんが、購買意欲を刺激できているかという点については、疑問です。
つまりホームページの制作実務はプロに任せるものの、会社のマーケティング情報を一部公開し、どんな市場で、誰をターゲットとして、競合サイトにこういったものがあって、自社は業界の中でどのあたりのポジションにあって、強みはどこで、弱みはどこかという情報およびビジョン伝える必要がでてきます。
そして会社の思い、社長の思いなども、あわせて伝えていきましょう。

そして製作スケジュールも大切ですが、最初ほど重要になりますので、頻繁なキャッチボールをしましょう。その繰り返しで、ホームページ制作会社も、だんだん、あなたの会社のことを理解していけるはずですから。