ホームページを優秀な営業マンにする方法。行列のできるお店のためのホームページ制作。

ビジネスをWEBでカタチにする提案力があります

グラシヤは東京で豊富な実績とノウハウで数々の大企業や中小企業がステップアップするためのサポートしてきました 。 売上やブランディングに直結するホームページ制作でのデザインやビジネスの仕組み、見せ方での差別化提案など 企業が成功するための、企画力、実装力、実行力、提案力、デザイン力がグラシヤの強みです。

記事一欄

お問い合わせ先
営業時間:9:30-6:00
03-5771-7978


ホームページを優秀な営業マンにする方法。行列のできるお店のためのホームページ制作。

青山・表参道でホームページ制作やSEO対策などウエブから印刷物まで各種広告制作を行っている株式会社グラシヤです。

 

前回、ホームページは頼れる営業マンになるという話をしました。でも具体的に、優秀な営業マンに育てるにはどうしたら良いのでしょうか。

t10

もっとも妥当な方法、それはホームページ作りのプロに任せればいいのです。外注に依頼すれば、社内の体勢をなるべく崩すことなく、業務を停滞させずにホームページを作ることができます。もちろんお金はかかりますが、優秀な営業マンが一人増えると思えば、費用対効果として十分な成果が出るはずです。それに早くホームページが稼動すれば、1日早ければ、その1日分から売上を向上させる可能性があるわけです。つまり、やると決めたら、すぐに行動すべきでしょう。文字通り、思い立ったが吉日です。

 

しかしプロに頼めば、それだけで何もせずとも良いホームページができるわけではありません。プロはホームページの作り方、見せ方は知っていても、あなたの会社のことを知らないからです。打合せの際に、思いのたけを熱弁するのも良いですが、それでプロにきちんと伝わるでしょうか。そのためには、自分で自分の会社を見直すためのプレゼンシートを作っておくことをおすすめします。
例えば、競合他社と比べて自社の強みは何か、業務の中で他社と差別化できる点は何か、逆に克服したい弱みは何か、主要商品の競合製品と比べての強みは何か。そして今の業務を通じて、将来的にどんなビジョンをもっているのか、社長のこだわりは何か、社長の好きな方針は何か。こういったポイントを箇条書きにして、見直し、整理してみましょう。そうすることで、冷静に会社を見つめ直せるはずです。冷静に見れるようになれば、それだけホームページ制作のプロに的確に会社情報を伝えられるはずですし、よりよいホームページを作るための第一歩になります。

 

次に注意するのは、ホームページの制作会社が提案してくる企画書、及び構成案、デザインを受け取った時のことです。相手はプロですから、第一印象で魅力的なものに仕上げてくると思います。でも、それに飲み込まれないようにしましょう。その提案が本当に、あなたの会社らしさを感じられるのか、見た人に魅力を理解してもらえるものなのか、冷静に判断してください。

 

「自分はホームページの専門家ではない素人だからよくわからない」という考えだけは避けましょう。そもそもホームページを利用してくださる予定のお客様だって素人です。素人目線は重要なものですから。

 

では次回は、ホームページで打ち出すべきウリについて考えてみたいと思います。

なおホームページ制作で何か疑問がありましたら、・表参道でホームページ制作、SEO対策を提供している株式会社グラシヤまでお問合せください。