まずは道作り。行列のできる店作りのためのホームページ制作

ビジネスをWEBでカタチにする提案力があります

グラシヤは東京で豊富な実績とノウハウで数々の大企業や中小企業がステップアップするためのサポートしてきました 。 売上やブランディングに直結するホームページ制作でのデザインやビジネスの仕組み、見せ方での差別化提案など 企業が成功するための、企画力、実装力、実行力、提案力、デザイン力がグラシヤの強みです。

記事一欄

お問い合わせ先
営業時間:9:30-6:00
03-5771-7978


まずは道作り。行列のできる店作りのためのホームページ制作

青山で、ホームページ制作やSEO対策などウエブから印刷物まで各種広告制作を行っているグラシヤです。

 

 行列のできるお店作りの第一歩、というより商売の第一歩。それはお店の存在を知ってもらうことです。知られてなければ、お客様が来店すらしません。

gyoretu

ガンガン広告を流しているお店や、一大ブームとなるオリジナル商品を生み出したお店以外は、それほど有名とはいえないでしょう。しかし行列のできるお店を目指さなくてはいけませんよね。
そこで重要になってくるのがホームページです。ホームページは、お客様が家にいながらにして、お店の存在を知ることができますから。リアルな店舗は、相当な予算をかけた広告をうつか、現地まで足を伸ばさないかぎり、知ることはできませんからね。
では、そのホームページは、どうやって多くの人に知ってもらうのか。まずは、ホームページに来てもらえるよう、できるだけ多くの道を準備しておくことです。たくさんの道があれば、いずれかに気付いてもらえる可能性を高めるためです。
その道づくりですが、お客様に確実に道を知ってもらう手法として、ネット媒体と紙媒体とがあります。
最初にネット未経験のお店として、既存の紙媒体を用いた手法を紹介しましょう。これは簡単な話で、名刺、チラシ、ダイレクトメール、会社案内などに、ホームページのアドレスを掲載することです。既存のチラシや名刺を刷り直しては、もったいないし、予算もかかり過ぎるという意見もあるでしょう。その場合は、チラシや名刺にホームページアドレスが書かれたシールを作ればいいだけです。まぁチラシと名詞用に大小2種類くらいのサイズ違いは作る必要はあると思いますが。

QR2
これをお客様に手渡しする際に、ホームページの存在を口頭で知らせることで、集客率は高まるはずです。またお客様の「アドレスを入力するのは面倒くさい」というハードルも取り払いたい時には、QRコードや検索用キーワードを登録するという方法もあります。特にQRコードは、最近では画像を取り込んだり、ユニークなデザインも可能となっています。ビジュアルとしても興味をもってもらいやすいでしょうし、一瞬にしてお店のユニークさも伝えることができるはずです。

 

そしてネット媒体を使うのであれば….、この話は次回のものとしましょう。

 

ちなみに窓口は重要ですが、単に窓口だけで終わっては意味がありません。窓口をくぐってきていただいて、はじめて集客です。いろいろ仕掛ければ仕掛けるほど、効果は期待できると思います。ただ、そういった諸々ば面倒に感じるかもしれません。その際は、青山・表参道でホームページ制作、SEO対策を提供しているグラシヤまでお問合せください。