鉄道広告の新しい可能性と鉄道へのちょっとした不思議

ビジネスをWEBでカタチにする提案力があります

グラシヤは東京で豊富な実績とノウハウで数々の大企業や中小企業がステップアップするためのサポートしてきました 。 売上やブランディングに直結するホームページ制作でのデザインやビジネスの仕組み、見せ方での差別化提案など 企業が成功するための、企画力、実装力、実行力、提案力、デザイン力がグラシヤの強みです。

記事一欄

お問い合わせ先
営業時間:9:30-6:00
03-5771-7978


鉄道広告の新しい可能性と鉄道へのちょっとした不思議

青山で、ウエブから印刷物まで各種広告制作を行っているグラシヤです。

2014年最後の更新になります。年末らしく、ちょっと未来を見据えたネットや広告の話をしたいと思います。広告というものは、何かを宣伝、告知するのに、とても重要ですが、お金を出して広告を出稿する各企業にとっては、その広告そのものが、いったい、どれほどの効果があったのか、いまひとつわかりづらいものです。

その疑問に対して、オリコム社が、交通広告に絞ってですが、広告効果を明確化する実験を始めたそうです。
train
その内容ですが、
「電車やバスの窓上広告内にクーポン配信用の電話番号を記載。それを見た人が興味をもてば、その場で(もしくは電話番号をメモリーして)携帯電話・スマフォから、その番号に発信することで、SMSによりクーポンが配信される」
といったものです。

これで完全に数値化できるわけではないですけど、ある程度の広告効果を数値化できるので、広告を出す側にとっては、広告出稿への安心感が増しますし、より効果的な広告展開ができるようになりそうですね。今回は電話でアクセスするシステムを採用していますが、実用化されれば、確実にネットを利用したシステムになっていくものと思われます。ちょっと期待のシステムですね。

 

あ、ところで鉄道というと、以前から大晦日に少し疑問に思っていたことがあるんです。それは原宿駅の存在です。今や鉄道の多くの改札が電子マネーでの通過が一般的です。しかしこの年末年始だけは、原宿駅に明治神宮限定の改札が開きます。年の1度のことですから、Suica対応の改札になっていません。マンパワーで改札をするのだろうか疑問だったんです。それで先日、明治神宮側の改札を見に行ってみると

harakaiharasuica

まだは開門していないので緑色のシートをかぶせていましたけど、これ、移動式のSuica対応パネルですよね。こういうものがあったんですね。知りませんでした。これで初詣用の改札を開けても、問題なく対応できるんですね。ちょっと関心してしまいました。

 

広告だけでなく、交通も、デジタルやネットの発達で、いろいろなものが使いやすくなりますね。来年は、さらにどんなものが生まれるのでしょうか。

新年が楽しみですね。
それでは、みなさま、良いお年をお迎えください。